副業未経験の初心者こそWEBライターから始めるべき3つの理由

こんにちは!シンプリストのリュウです。

シンプリスト,リュウ
リュウ

僕は約5年WEBライターをやっていて、月収50万円を達成しています。

今は他の仕事もしているのでライターとしてはもうちょっと少ないですが、月20~30万円分くらいはライターで稼ぐように調整しています。

これから副業をやってみたいけど、

  • 何をすれば良いかわからない
  • どんな副業が自分に合っているのかわからない

という人は多いと思います。

人によってスキルも違うし、合う合わないがあるので、とりあえずいろいろやってみてみるという方法がおすすめですが、僕は最初にWEBライターをやってみるべきだと思っています。

  • 本業とは別に、時間が空いたときに仕事をしたい
  • ちょっとだけお小遣い稼ぎをして楽しいことにお金を使いたい

という人のために、副業初心者が最初にWEBライターをやるべき3つの理由を解説します。

WEBライターなら勉強しながら稼げる

人生は勉強すればするほど充実するものです。

シンプリスト,リュウ
リュウ

仕事でも趣味でも、誰もが何かを勉強したい、覚えたいと思っているはずです。

勉強はインプットだけじゃなく、アウトプットも大事ですよね。

WEBライターはそれが効率よくできる仕事です。つまり、勉強しながらお金を稼げるということです。

書籍やインターネットで勉強して、それを記事にする。しかもお金がもらえるという一石二鳥も三鳥もある仕事です。

シンプリスト,リュウ
リュウ

僕の場合、フリーランスとしてやっていくために税金について勉強したいなーと思っていたので、最初はあえて苦手な税金関係の記事作成を受注して書いていました。

最初は簡単なテーマの記事しか書けないし、もちろん時間もかかります。

それでもお金が貰えるので継続するモチベーションも高く維持することができました。

今ではちょっと複雑なテーマでも人に説明できるくらいの知識がついて、最低限の節約術やマネーリテラシーが身につき、人生が少し豊かになったと思っています。

今後どんな副業をしたいとか考えている人も、その仕事の勉強もかねて、まずはWEBライターから始めてみることをおすすめします。

WEBライターならキャリアアップしやすい

WEBライターは将来性がないと言われています。

シンプリスト,リュウ
リュウ

理由は、WEBライターという職業が人気で、依頼者(クライアント)からすれば「替え」がたくさんいるからです。

クライアントが求めているプロジェクトが完了すれば、末端のWEBライターはすぐに足切りされます。

でもライターとしての実力はやればやるだけついてくるし、実績があればどんどん良い仕事はまわってきます。

WEBライターで稼げるようになるシンプルな考え方
こんにちは、WEBライターのRYUです! この肩書きで仕事をしていると「WEBライターって稼げるの?」と聞かれることが多いです。 正直に...

そして、WEBライターをやっていると、ほかの仕事へのキャリアアップもできます。

これまで記事を書いてきたテーマの仕事をしてもいいし、記事を書きながらその資格を取ってもいいと思います。

WEBライターを管理するためのWEBディレクターや記事編集者を目指すのもやりがいがあります。

WEBデザインやコーディング(HTMLやCSS)の勉強をしていれば、レベルの高いWEB記事やサイトが作成できるので、そういう仕事も貰えるでしょう。

WEBライターの仕事でライティング力がついたら、自分のブログを立ち上げて自分の資産にしても良いですよね。

今後はさらにWEBが発展してくるので、今その知識をつけておくことは将来間違いなく役に立つはずです。

WEBライターは副業で働きやすい

副業は本業と違って、時間に制限がありますよね。

「本業の仕事が終わって空いた時間にできる仕事」というのが条件ですが、WEBライターはそれにぴったりな仕事なんです。

シンプリスト,リュウ
リュウ

場所や時間にとらわれず、空いた少しの細切れ時間に仕事ができるので、自分の私生活への影響も調整できますよね。

本業の休憩中や、移動時間、休みの日にカフェに行ってやるのもおすすめです。

さらに、WEBライターは数をこなして稼ぐ仕事なので、特に副業初心者は案件のやりとりに慣れることができるというのもメリットです。

シンプリスト,リュウ
リュウ

WEBライターは自然と、たくさんのクライアントとやりとりをすることになります。

やりやすいクライアントばかりではなく、クセのあるクライアントや、今後絶対一緒に仕事したくないと思うようなクライアントもいます。

仕事の受け方もいろいろなので、副業で稼ぐ力をつけるという意味ではWEBライターはめちゃめちゃおすすめです。

副業を始めていきなり1ヶ月かかる仕事で10万円と言われても、きつくないですか?

初心者はそのクライアントが信用できるクライアントか見極めることもできないはずです。

1ヶ月頑張って、報酬もらえなかったらどうしますか?

シンプリスト,リュウ
リュウ

1時間で終わる1000円の仕事なら、最悪逃げられても被害は少ないです。

仕事に慣れてそういうクライアントを見極められるようになるまでWEBライターとしていろんな仕事を受け、大きな仕事は自力がついてからにしておきましょう。

まとめ

副業と言ってもいろんな選択肢がありますが、まずは気軽に始められるWEBライターがおすすめです。

そのあといろんな知識をつけて成長し、自分に合った道に進むというのが今の時代に合っていると僕は考えています。

初心者が「稼げるWEBライター」になるための3つの心得
初心者が「稼げるWEBライター」になるための5つの心得を解説!ライティング案件が豊富なクラウドソーシングサイトの選び方やおすすめを紹介!