今すぐ読む »

【簡単】おすすめのWordPressテーマをわかりやすく解説

こんにちは!TaGログのスミダです。

こんな人向けの記事です。

  • WordPressのテーマが選べない
  • そもそも「テーマ」って何?

WordPressを始めるときに避けて通れない「テーマ」。

適当で良さそうな気もするけど、あとで変更するのも大変そう。
でも、調べてもよくわからないなぁ…

という感じですよね。

僕も初心者のときはかなり悩まされた記憶があります。

でも簡単な仕組みさえわかっていれば、実はそれほど悩まずにテーマを選んで導入することができますよ。

今日はちょっとややこしいと思われている「テーマ」をわかりやすく解説するとともに、僕がこれまで使ってきた中でオススメのテーマをご紹介しようと思います。

TaG-Log 管理人スミダ
記事執筆、WEBサイト制作、コンサル(サイト運営、SEO)
  • 憧れのパラリーガルを目指し法律事務所に就職
  • リストラ、新婚2ヶ月目で無職、妻と号泣
  • 本気で悩んだ末、人に雇われない生き方を選択
  • 現在はお金よりも人としての成長や生活の質向上が目標
  • 3歳の息子が可愛すぎて仕事をサボりがち

WordPressテーマとは?

WordPressテーマとは、WEBサイトのレイアウトやデザインなどが入ったファイルの集まりのこと。

TaG-Logスミダ
スミダ

簡単に、Wordpressの「着せ替え」のイメージでOKです♪

ただし、テーマに入っているのは「デザイン」だけではなく、機能的な部分も含まれています。

WordPressテーマには、主に次のようなファイルが入っています。

  • レイアウトを担当するファイル(header.php、single.phpなど)
  • デザインを担当するファイル(style.cssなど)
  • 機能を担当するファイル(functions.phpなど)

その他、テーマによっても内容は違いますが、30~100ほどのファイルが含まれています。

カスタマイズのための機能もテーマに含まれるので、どのテーマを選ぶかによってWordpressの使いやすさも大きく変わります。

WordPressテーマの選び方

テーマを選ぶにあたって特に重要なポイントは次の通り。

  • 無料 or 有料
  • 日本語対応
  • デザイン

SEO対策やスマホ対応などポイントを挙げればキリがないですが、今は有名どころを選んでおけば必要なものはすべて揃っているはず。

ただ、上記3つのポイントだけは好みもありますから、自分できちんと選ぶ必要があります。

TaG-Logスミダ
スミダ

ひとまず選び方をもう少し深堀りして、そのあと僕のオススメを紹介しますね。

無料 or 有料

WordPressテーマは無料でも配布されていますが、洗練されたデザインや充実したサポートのある有料テーマも購入できます。

それぞれの特徴はこんな感じ。

特徴 無料テーマ 有料テーマ
手軽さ 無料なので気軽に
導入できる
約1万円~2万円が相場
気軽に変更できない
サポート テーマによってはあるが、
無いものがほとんど
基本的にはサポートあり
機能 最低限の機能は備えている
テーマが多いが、足りない
部分もある
最低限の機能と
カスタマイズしやすい
便利な機能がある
デザイン シンプルで洗練されたテーマ
もあるが、素人が制作したような
バランスの悪いデザインもある
テーマごとに癖はあるが、
どれも洗練されている

TaG-Logスミダ
スミダ

無料テーマでも問題はないですが、今後しっかり収益化を見据えて本格的に進めていきたいなら、やはり有料テーマはおすすめ。

テーマは途中で変更もできますが、デザインのカスタマイズやテーマの設定が初期状態に戻ってしまうので、できれば最初に決めておいたほうが良いです。

今後ずっと稼いでくれるブログと考えれば、最初の投資だと思って1~2万円で有料テーマを購入するのは良い選択だと思います。

ただ、

  • お金に余裕がない
  • ブログには絶対お金をかけたくない

ということであれば、無料テーマでもOK。

良いテーマを選んでしっかり自分でカスタマイズしていけば、良いブログに仕上げることは可能です。

日本語対応

WordPressは世界中で使われていますので、テーマのほとんどは外国産です。

英語が得意な方であれば選択肢は大幅に広がりますが、ほとんどの方にとっては日本語に対応したテーマが良いと思います。

ただし、テーマが日本語で書かれていても、サポートが英語のみということもあるので注意が必要。

できれば日本のプロフェッショナルが作成した純国産のテーマを使うのが理想。

TaG-Logスミダ
スミダ

テーマを配布している公式サイトをしっかりと見て、変な日本語が多いのは「翻訳」された外国テーマだと判断してOKです。

デザイン

どのテーマを入れてもカスタマイズは可能ですが、最初にどのテーマを入れるかによって難易度が変わります。

テーマとデザインの関係

  • ある程度のテンプレートが用意されている
  • テーマを変更するとデザインも初期化される
  • テーマによって簡易的にデザインを変更できる機能がある
  • どのテーマでも、HTMLとCSSを知っていれば、やりたいデザインはだいたいできる

デザインのカスタマイズは、

  • テーマの機能を使って簡易的に変更する方法
  • 自分でHTMLやCSSを書いて変更する方法

の2つの方法があります。

日本でもほとんどの人がWordpressを使っているので、「こんなカスタマイズがしたい!」と思ったことはだいたい誰かが先にやってくれています。

「Wordpress 見出し カスタマイズ」
「◯◯(テーマの名前) 目次 カスタマイズ」

などのキーワードで検索すれば、やり方がズラーッと出てくるはず。

とはいえ、最初から自分好みなデザインのテーマを選んでおけば、それだけ記事の執筆に時間を当てられるということです。

特にHTMLやCSSについて詳しくない人にとって、最初のデザインは重要なポイントになるかと思います。

直感的な操作のみで細かいデザイン変更ができるテーマもあります。

詳しくは後ほど紹介する「オススメのテーマ」をご覧ください。

おすすめのWordpressテーマ2選

僕がいつも生徒さんにおすすめしている2つのテーマを紹介します。

どちらも純国産のテーマで、デザインのカスタマイズ性に優れています。

SEO対策はもちろん、レスポンシブ対応(スマホで見ても自動で調整)もバッチリなので、ほぼすべての人におすすめできるテーマとなっています。

基本的には「Cocoon」で十分ですが、将来的に収益化を目指し本格的にやりたいという人は「THE THOR(ザ・トール)」を検討してみてください。

無料テーマ「Cocoon」

無料テーマのCocoonは、「寝ログ」というブログを運営されている「わいひら」さんが開発。

「とにかくシンプルに」というコンセプトで開発された「Simplicity」という無料テーマの後継として公開されています。

Cocoonの特徴

  • スキンが豊富
  • SEO対策済み
  • レスポンシブ対応
  • 直感的にカスタマイズしやすい
  • サポート、フォーラムが充実

Simplicity時代と比べてシンプルさは劣りますが、機能はめちゃくちゃ増えています。

サクッとデザインを変更できる「スキン機能」があり、ワンクリックで自分の好みに合わせたデザインに変更できます。

また、フォーラムが充実しており、質問すれば開発者のわいひらさんや、専門知識を持つ有志のサポートの方々が返信してくれます。

TaG-Logスミダ
スミダ

そもそも質問しなくても、大抵のことはすでに誰かが質問していて、すでに解決済みとなっているので、調べる能力さえあれば初心者でも問題なく使いこなせるかと。

デザイン・機能・SEOの三拍子揃った「ザ・トール」

北欧神話に登場する神の名前が由来の有料テーマ「THE THOR(ザ・トール)」。

料金は2022年現在で16,280円。

ザ・トールの特徴

  • 充実したデザインの着せ替え機能
  • 会員限定のフォーラムで問題を即解決できる
  • テーマのインストールが完了するまで専任スタッフがサポート
  • デザイン・機能・SEOの三拍子揃いコスパ最強

フィット株式会社が一流のメンバーを集めて完成させた、最強の名に恥じない優秀なテーマです。

僕が使った感想は、とにかく速い。そして、機能たっぷり。

年々SEOが厳しくなる中で有料テーマの需要が高まり、テーマの料金相場も2万円~3万円と上がってきていますが、

この価格でこのレベルのテーマが使える「ザ・トール」は、間違いなくコスパ最強だと僕は思っています。

個人ではなく法人が開発しているので、開発が打ち切りになる可能性が低いというのも有料テーマならではの魅力。

まとめ

WordPressのテーマは基本的に途中で変更するようなものではありませんが、デザインがリセットされるだけで途中の変更もやろうと思えばできます。

特に最初は「やってみないとわからない」ことも多いと思うので、ひとまず自分が気になったものを選んで使ってみるというのもひとつの手です。

タイトルとURLをコピーしました