BitMEXの追証とロスカットの仕組みについて徹底解説!

Bitmex,追証

こんにちは!シンプリストのリュウです。

BitMEXには、追証(おいしょう)がありません。

追証がないということは、借金のリスクが0ということです。

シンプリスト,リュウ
リュウ

最後まで読むのがめんどうな方のために最初に重要な注意点を言っておくと、特に初心者はクロスマージンでの取引はしてはいけません

いくら追証がないと言っても、クロスマージンでの取引は非常にハイリスクです。

今回は、BitMEXの追証やロスカットの仕組みと、ローリスクでおすすめの取引方法をご紹介します!

以下のリンクから登録をすれば、6ヶ月間手数料が10%割引になります。

BitMEXの登録ページ

登録方法は「BitMEXの登録方法をわかりやすく解説!日本語対応と二段階認証も超簡単!」の記事で紹介しているので、参考にしてください。

FXの基本的な用語をおさらい

BitMEXの追証やロスカットの仕組みのお話に入る前に、まずは簡単にFXについての基本的な用語をおさらいしておきます。

おさらいをしながら、BitMEXの特徴についても軽く触れていますので、知っている人も改めて確認しておきましょう。

FXとポジション

そもそもFXとは、Foreign Exchangeの略で、証拠金を預けて行う差金決済取引のことです。

証拠金としてお金を預けておき、証拠金以上の金額を取引できることが最大の特徴です。

FXでは、目的となる商品(為替や仮想通貨など)はありますが、その現物を取引することはありません

シンプリスト,リュウ
リュウ

通貨を買っても、「買った状態」になっているだけで、現物が自分のものになっているわけではありません。

反対に、通貨を売ったとしても、「売った状態」になっているだけで、現物が相手に売られたわけではありません。

この買った状態のことをロングポジション売った状態のことをショートポジションと言います。

FXでは基本的に、現物の受け渡しがないため、最終的にはポジションを解消しなければいけません。

そして最終的に動いたお金だけを決済するこのシステムを「差金決済」と言います。

証拠金(しょうこきん)

証拠金とは、FXにおいて取引をするために預けておく保証金のことです。

証拠金を預けておくことで、証拠金以上の金額の取引ができるのがFXの特徴です。

たとえば、レバレッジ(倍率)10倍の取引であれば、証拠金1万円に対して10万円分の取引ができるということです。

その10万円が20万円になれば、単純計算で10万円の利益となりますね。

追証(おいしょう)

取引で利益が出ているときは問題ありませんが、損失が出てしまった場合はマイナス分を証拠金から補填することになります。

シンプリスト,リュウ
リュウ

FXでは証拠金よりも高い金額で取引をするため、損失が出てしまったときに、証拠金では補填できない可能性もあります。

この場合、損失分を追加で入金しなければいけません。

この追加のことを、追加保証金、いわゆる追証(おいしょう)と言います。

たとえば、1万円の証拠金で10万円の取引をしている場合、この10万円が5万円になってしまうこともあります。

その場合、損失は10万円-5万円=5万円ですが、証拠金は1万円しかありません。足りない4万円を、追証として入金する必要があるということです。

BitMEXでは、追証は一切必要ありません。

これは、マイナス4万円分の入金が必要ないということではありません。

そもそも、4万円の損失がでないような仕組みになっているということです。

ロスカット(損切り)

ロスカットとは、損失が出ているときに、損失を最小限に収めるためにポジションを解消することです。

たとえば、ロングポジション(買いポジ)を持っていて価格が下がってしまった場合、それ以上価格が下がる前に売り注文を出します。

また、ショートポジション(売りポジ)は本来なら、価格が下がったところで買い戻しをする狙いです。

価格が上がることもありますので、それ以上高くならないうちに損切(買い注文)をするということです。

シンプリスト,リュウ
リュウ

BitMEXでは、一定以上の損失が出た場合、自動的にロスカットが入る仕組みになっています。

たとえば、ロスカット率が50%であれば、証拠金の50%の損失が出たところでロスカットが入ります。

証拠金に1万円入れていた場合は、5,000円ということです。

つまり、10万円の取引(ロング)をしていた場合は、9万5,000円になった時点で自動的にロスカットされる仕組みです。

BitMEXのロスカットの仕組み

BitMEXでは、追証がでないように自動ロスカットが設定されています。

どのような仕組みになっているのか、詳しく見ていきましょう。

レバレッジの基本

BitMEXでは、最大レバレッジ100倍で取引をすることができます。

つまり、1万円あれば、100万円相当の取引ができるということです。

シンプリスト,リュウ
リュウ

レバレッジが高ければ高いほど、大きい利益を狙えますが、その分リスクも高いということを覚えておきましょう。

たとえば、1万円の証拠金でロングポジション100万円から入った場合、99万円に下がった瞬間に証拠金が0になってしまいます。

国内の取引所では4倍程度のレバレッジが基本です。25倍ともなればかなり高いほうですが、BitMEXでは100倍まで自由に選択できます。

クロスマージンと分離マージン

BitMEXのレバレッジには、クロスマージンと分離マージンの2種類があります。

Bitmex,追証

クロスマージンは、入金した証拠金の「全額」を証拠金として扱い、MAX100倍のレバレッジで取引することです。

クロスマージンでは、10倍や20倍など、100倍以外は選べません。上の画像では、現在クロスマージンが選択されています。

分離マージンは、入金した証拠金の一部を証拠金として扱い、1~100倍のレバレッジを自由選択して取引することです。

上の画像では、1x,2x,10xなどの表示しかありませんが、もっと細かく設定することも可能です。

シンプリスト,リュウ
リュウ

クロスマージンでは、入金した証拠金が一瞬でなくなってしまう可能性もあります。

特に初心者は、初期設定のクロスマージンではなく、分離マージンで2~10倍程度のレバレッジから始めましょう。

一獲千金を狙って100倍のレバレッジ取引をしても良いですが、証拠金がなくなってしまうリスクも覚悟しておきましょう。

BitMEXの必要証拠金

BitMEXのロスカット率を知るには、必要証拠金(最小当初証拠金)と、維持証拠金(最小維持証拠金)の2種類の数字の意味を知る必要があります。

シンプリスト,リュウ
リュウ

最小当初証拠金というのは英語からの直訳なので、必要証拠金、維持証拠金という言葉を覚えておくと便利です。

必要証拠金とは、レバレッジ取引をするために最初に入金しておくべき金額のことです。

たとえば、BitMEXでは、BTCの必要証拠金は1.0%となっています。

これは、取引額の1.0%の証拠金が必要ということを現しています。

つまり、100万円の取引をする場合、最初に1万円の証拠金が必要だということです。

反対に言えば、1万円があれば、その100倍の100万円まで取引ができるということです。

ちなみにBitMEXでは、アルトコインのFXも可能です。

BCH(ビットコインキャッシュ)の場合、必要証拠金は5.0%となっています。

つまり、100万円の取引をするためには、そのうちの5.0%にあたる5万円が必要ということです。

この場合、100%÷5%=最大20倍のレバレッジでしか取引できません。

MitMEXの必要証拠金は以下の通りです。

通貨 必要証拠金 最大レバレッジ
BTC(ビットコイン) 1.0% 最大100倍
BCH(ビットコインキャッシュ) 5.0% 最大20倍
XRP(リップル) 5.0% 最大20倍
ETH(イーサリアム) 2.0% 最大50倍
LTC(ライトコイン) 3.0% 最大33.33倍

BitMEXのロスカット率

BitMEXのロスカット率を計算するには、「維持証拠金」というキーワードを覚えましょう。

維持証拠金とは、証拠金を最低限維持しておくべき金額のことです。

シンプリスト,リュウ
リュウ

維持証拠金の金額を下回ってしまった場合、自動的にロスカットが入る仕組みになっています。

BitMEXでは、BTCの維持証拠金は0.5%となっています。

必要証拠金は1.0%ですが、それが半分になるとロスカットされるということです。

たとえば、100万円の取引をする場合、必要証拠金は1万円で、証拠金5,000円になった時点でロスカットが入ります。

つまり、5,000円の負けでロスカットが入るので、ロングポジションであれば、99万5,000円で自動売却されるということです。

(100倍レバレッジは本当に慣れてから行いましょう。)

重要なのは、必要証拠金に対して維持証拠金が何%かということです。

必要証拠金が5.0%で、維持証拠金が2.5%であれば、ロスカット率は50%。

必要証拠金が5.0%で、維持証拠金が1.0%であれば、ロスカット率は20%。

必要証拠金1.0%、維持証拠金0.5%、ロスカット率50%で、30万円の取引の場合、必要証拠金3,000円、維持証拠金1,500円です。

もし証拠金が3万円ある場合、維持証拠金の1,500円までは余裕があるということですね。この場合、28,500円分負けた場合にロスカットが入ります。

ロングポジションを持っている場合、30万円-28,500円=271,500円より下がってしまった場合にロスカットされるということです。

BitMEXはゼロカット機能搭載

BitMEXのウリは、なんと言ってもゼロカット機能搭載で追証がないことです。

必要証拠金を下回った場合に自動ロスカットが入りますが、すぐにポジションが解消されるとは限りません。

特に取引額が大きい場合、取引相手がおらず、なかなかポジションを解消できないことがあります。

そうした場合に、どんどん損失が広がり、ついには証拠金がマイナスになってしまうこともあります。

しかしBitMEXでは、すべてのマイナスをゼロにするゼロカット機能を搭載しています。

価格の急な下落でマイナス100万円の損失が出たとしても、すべてゼロになるので、追加で証拠金(追証)を支払う必要は一切ありません。

シンプリスト,リュウ
リュウ

残念ながら国内取引所ではゼロカットを搭載しているところはありません。

「大きな損失が出て借金を抱えてしまった」という報告(Twitterなど)をしている人は本当にたくさんいますが、BitMEXではその心配は必要ないということです。

追証なしのBitMEXは初心者に最もおすすめ

仮想通貨FXに興味があるなら、どの取引所よりもBitMEXがおすすめです。

追証がないので、初心者が失敗して借金まみれになることは一切ありません。

失敗しても、最悪で証拠金が0になるだけで済みます。

証拠金は自分で金額を設定でき、1万円などの少額から十分取引することができます。

初心者はクロスマージンは避け、できるだけ分離マージンの低レバレッジで慣れていくのがポイントです。

以下のリンクから登録をすれば、6ヶ月間手数料が10%割引になります。

BitMEXの登録ページ

登録方法は、以下の記事で紹介しています。

登録方法は「BitMEXの登録方法をわかりやすく解説!日本語対応と二段階認証も超簡単!」の記事で紹介しています。